ホーム > ピアノ曲事典 > ショパン > 3つのワルツ (第2-4番)

ショパン :3つのワルツ (第2-4番) Op.34 CT208-210

Chopin, Frederic:3 valses brillantes (As;a;F;) Op.34 CT208-210

作品概要

作曲年:1835年 
出版年:1838年 
初出版社:Leipzig, London
献呈先:1.Josephina de Thun Hohenstein, 2.C.d'Ivry, 3.A.d'Eichthal
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ワルツ
総演奏時間:13分00秒
ピティナ・コンペ課題曲2018:F級

解説 (2)

執筆者 : 安川 智子 (2696文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

いずれも「華麗なる(大)円舞曲 Grande Valse Brillante」として知られるが、自筆譜には「Grand」「Brillante」共に付けられておらず(作品34-3は現存する自筆譜なし)、フランスのシュレジンガー社によって書き加えられたものである。とりわけ二曲目にあたる「Lento」のワルツは、「華麗なる」舞曲とは無縁の憂いを含んでいる。

別々の年に作曲された3つのワルツが、合わせて作品34として、1838年12月にパリ、ライプツィヒ、ロンドンで出版された。このことについて、ショパンは1838年12月28日に、ジョルジュ・サンドと過ごすマジョルカ島のパルマから、友人フォンターナに宛てて次のように書いている。「シュレジンガーはもっとはるかにろくでなしだ。ぼくのワルツを一つのアルバムにして、ブライトコプフに売りとばそうとしたのです」。この書簡からもわかるとおり、ショパンの曲集は純粋な音楽的理由だけで成り立っているわけではなく、当時の出版事情やショパン自身の経済状態とも密接に結びついている。

変イ長調 作品34-1

【作品の基本情報】

作曲年:1835 出版年:1838(Paris, Leipzig, London)

献呈 :ヨゼフィーナ・ド・トゥン=ホーエンシュタイン嬢 A Mademoiselle J. de Thun-Hohenstein

【楽譜所収情報】

パデレフスキ版:No. 2/エキエル版:No. 2/コルトー版:No. 2/ヘンレ版:No. 2/

ペータース版(原典版):No. 2(補遺3[1835年9月15日付の自筆譜に基づく]あり)

1835年9月15日に書かれた自筆譜が、フランツ・アントン・フォン・トゥン=ホーエンシュタイン伯爵のふたりの令嬢アンナとヨゼフィーナがもつアルバムに残されている。

ショパンはワルシャワで別れたままであった両親と、1835年夏にチェコで再会を果たした。カルロヴィ・ヴァリに3週間滞在後、両親を見送る途上で、ボヘミアのヂェーチェンのホーエンシュタイン家に招かれた。変イ長調のワルツは、このホーエンシュタイン家滞在中に作曲され、令嬢ヨゼフィーナに贈られている。この贈られた自筆譜は、出版に用いられた決定稿と大きく異なっているため、ペータース新版の補遺3に収録されている。出版稿に比べて即興性が強く、ダルセーニョによる反復を伴う連鎖型である。また「Tempo di Valse(ワルツのテンポで)」という指示が見られるが、「3つのワルツ」として出版される段階で、速度表示が「Vivace」に変更されている。

フランス初版に用いられた決定稿には、ショパンが形式的な面で練り直した跡が見られる。16小節の導入の後、典型的な舞踏ワルツのリズムを刻む主部、中間部(変ニ長調)、再現部、コーダという三部形式は作品18と同型であり、自筆譜にはない調号の付け替えによって中間部ははっきりと示されている。

イ短調 作品34-2

【作品の基本情報】

作曲年:1831? 出版年:1838

献呈 :C・ディヴリ男爵夫人 A Madame la Baronne C. d’Ivri

【楽譜所収情報】

パデレフスキ版:No. 3/エキエル版:No. 3/コルトー版:No. 3/ヘンレ版:No. 3/

ペータース版(原典版):No. 3

ショパンの生前に出版された8つのワルツ(作品18, 34-1, 34-2, 34-3, 42, 64-1, 64-2, 64-3)の中で初めての短調によるワルツである。晩年に作曲・出版された「3つのワルツ」作品64でも二曲目に短調を置いており、いずれもショパンのワルツの中で、他に代え難い詩情を湛えている。

イ短調という調性、「Lento」という速度表示からも、舞踏会におけるワルツとは別次元の作品である。ワルツはポーランドにおいて、マズルカと並んで日常的に踊られていた舞踊であり、ショパン自身、ウィーンでは「ワルツが作品と呼ばれている!」と驚いていた。このイ短調のワルツがもつ一種庶民的な哀愁は、同時期に作曲された《ワルツ》作品18と好対照をなしており、1831年のウィーン滞在で、ショパンのワルツ観が大きく揺れている様子が感じ取れる。

曲構成は5つの楽想が一見気まぐれな順序で繰り返される(A-B-C-D-B-C-D-A-E-A)。しかし全体はやはり三部形式の変形である(A-B [bcd-bcd]-A [-E-A]))。16小節の憂鬱な冒頭主題Aは、低音の持続音、右手に配されたリズムパート、そして内声部の旋律、と声部配置は例外的だが、民族合奏団の器楽合奏を思わせる。この主題は最後に、経過部を挟んで二度繰り返される。やはり16小節からなるイ長調の主題D(第53~68小節)は、イ短調で反復されることによって、単純ながら微妙な感情の変化を見事に表現している。

ヘ長調 作品34-3

【作品の基本情報】

作曲年:1838 出版年:1838

献呈 :A・ダイクタル男爵令嬢 A Mademoiselle A. d’Eichthal

【楽譜所収情報】

パデレフスキ版:No. 4/エキエル版:No. 4/コルトー版:No. 4/ヘンレ版:No. 4/

ペータース版(原典版):No. 4

作品34-1と同じくVivaceの華やかなワルツである。ジョルジュ・サンドとの深い恋愛が始まる1838年に作曲されている。同年サンドとマジョルカ島へ出発したことから、フランス初版のための校訂は友人フォンターナに託された。自筆譜が失われたため、具体的な校訂過程は不明である。1839年8月8日に、サンドと過ごすノアンから、フォンターナに宛てて、このヘ長調のワルツの写しを、ダイクタル嬢へ届けたかどうか尋ねつつ、「届けていなくてもかまいません」と書き残している。献呈は出版に際して一種形式化していたとも言えるかもしれない。

1838年という年はジョルジュ・サンドの年というだけではない。1837年に《12の練習曲集》作品25の出版を終えて全24曲のエチュードを完成させたショパンは、すでに1836年から書き始めていた《24の前奏曲集》の作曲に集中的に取り組んでいた。バッハの楽譜をマジョルカ島にも持ち込んでおり、《平均律クラヴィーア曲集》に刺激を受けた調性感や転調に対する意識の高さはこのヘ長調のワルツにも表れている。中心となるワルツ主題に導入された細かく上下する音階パッセージは、経過音の多用により調を曖昧にする効果があり、自然な転調を可能にしている(例えば143~158小節)。

執筆者: 安川 智子

演奏のヒント : 大井 和郎 (1672文字)

更新日:2016年3月4日
[開く]

楽章等 (3)

第2番 Op.34-1 CT208

調:変イ長調  総演奏時間:5分00秒 

解説(0)

楽譜(0)

第3番 Op.34-2 CT209

調:イ短調  総演奏時間:5分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

第4番 Op.34-3 CT210

調:ヘ長調  総演奏時間:2分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

ピティナのYoutubeチャンネル (8)

その他の音源・動画 (5)

楽譜

楽譜一覧 (23)