ホーム > ピアノ曲事典 > ショパン > 2つのノクターン (第7・8番)

ショパン :2つのノクターン (第7・8番) Op.27 CT114-115

Chopin, Frederic:2 nocturnes (cis;Des;) Op.27 CT114-115

作品概要

作曲年:1835年 
出版年:1836年 
初出版社:Leipzig, Paris, London
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ノクターン
総演奏時間:10分00秒

解説 (1)

執筆者 : 樋口 晃子 (2047文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

Deux nocturnes op. 27

この2曲のノクターンは1835年に作曲され、初版はパリ(M. Schlesinger, 1836)、ライプツィヒ(Breitkopf und Hartel, 1836)、ロンドン(Wessel, 1836)で出版された。オーストリア駐仏公使夫人であったダッポニィ伯爵夫人に献呈。身分の高い彼女の捧げたことから、「貴婦人の夜想曲」と呼ばれることもある。また、1組の作品としてまとめられているが、これら2曲の曲想は互いを引き立たせるかのように、著しい対照をなしている。

No. 1 嬰ハ短調

このノクターンは、他のノクターン同様、3部分(A - B - A’)からなる。AとA’で絶えず伴奏音型を奏でる左手の6連符の分散和音は、第13小節で2オクターヴ以上になるなど、非常に広い音域をもつ。こうした広範囲な音域間のスムーズな動きは、ダンパー・ペダル(長音ペダル)の改良によって可能になった。

冒頭、第3音(e)を含まない空虚5度(cis, gis)という特徴的な響きの前奏に続いて、右手に方向性の定まらない半音階的な主題が提示される。初期の作品9-2(第2番)や作品15-2(第5番)に見られる主題反復時の華麗な装飾は、この曲では全く見られない。そのかわり、主題が反復される際には右手の旋律に二つの声部が加わり、「独唱」から「二重唱」へと変化している。旋律は他のノクターンに比べ、非常に簡素で起伏が少ないが、ダンパー・ペダルの使用によって伴奏音型と見事に溶け合う。第29小節からは、雰囲気が一転しドラマチックな中間部B(第29~83小節)にはいる。2小節単位の短いフレーズとせき立てるような同音連打、そして20小節間にわたる左手の符点二分音符の上行音階と半音によるトレモロによって、音域もダイナミックスも一気に押し広げられ、第46小節で一度頂点に達する。再び第53小節から半音階的進行が現れ、中間部の一つの情景が収束する。第67小節目には作品15-3(第6番)と同様、マズルカが登場するが、踊りは長続きせず半音階的な転調ではぐらかされ、第81小節の強烈な和音連打で遮られる。30年代のノクターンにおけるこうしたマズルカの使用は、30年に勃発した11月蜂起によって掻き立てられた民族的感情の表れとも解釈できる。主題回帰の直前、長いフェルマータの中で、左手がレチタティーヴォ性の強いパッセージをオクターヴで奏する。

A’はAの大幅な縮小形で、第 94小節で同主調の嬰ハ長調へ転調するが、これ以降をコーダとみなすこともできる。音量も速度も緩みながらAdagioへと向かい、嬰ハ長調のまま曲を閉じる。

No. 2

この曲は、ショパンが唯一ロンド風(A, B, A’, B’, A’’, B’’, Coda)の形式で書いたノクターンで、AとBの2つの主題が交互に3度繰り返されるという構造をもつ。Aの甘美な旋律と全体の優美な曲想ゆえに、作品9-2(2番)や作品15-2(5番)と並んで、演奏される機会の多い曲である。

第2番も第1番同様に、左手には曲全体を通して、フィールドが好んで用いた、大きな跳躍を含む分散和音の伴奏型が用いられている。A(A’, A’’)は常に変イ長調で現れる。A’(第26小節~)とA’’(第46小節~)はAとほぼ変わらないが、その都度、右手の単旋律に装飾的変化が加えられている。例えば、A’ではピアノという楽器でこそ可能な速いパッセージ(m. 32)や、A’’では非和声音をふんだんに盛り込んだ即興的なパッセージ(第51~52小節)が挙げられる。このように、回数を重ねるごとに装飾の使用程度は高くなり、それに比例して高音のきらめきが際立つ。これらの装飾音は、ダンパー・ペダルを踏みっぱなしにしても高音部は濁ることなく、むしろ透明で輝きのある音響が得られた当時の楽器の特性を十分に考慮して作曲されている。

Bでは、Aの単旋律の主題に対し、3度や6度といった重音からなるもう1つの主題が現れる。第10小節に始まるBでは、転調による気分の高揚に合わせて音量が増すと、その音程はオクターヴにまで拡大される(第18小節)。最終的には、fzや左手バス声部のアクセントが手伝って、B’の第 42~45小節でクライマックスを迎える。続くA’’へはAの再現として主題に静かに戻るのではなく、ffのままA主題が回帰し、直前の曲想はしばらく保たれる。主題Aのこの再現法は、作品32-2(10番)にも見られる。

そして、このノクターンで特に注目したいのは、異名同音の使用である。例えば、第24小節では右手のcisをdesと読み替えることで、変イ長調のA’への移行をスムーズにしている。また第34小節では、前の小節の右手のdesをcisと読み替え、変イ長調からイ長調への瞬時の遠隔転調を可能にしている。こうした移ろいゆく調性は、鍵盤上で即興的に手を動かす過程で見出されたものであろう。

執筆者: 樋口 晃子

楽章等 (2)

第7番 Op.27-1 CT114

調:嬰ハ短調  総演奏時間:5分00秒 

第8番 Op.27-2 CT115

調:変ニ長調  総演奏時間:5分00秒 

楽譜

楽譜一覧 (20)

その他特記事項
ノクターン番号はパデレフスキ版による。